新聞を配達する人を知っていますか。

朝4時に起きて朝刊を配ってきました。

毎日配るスタッフの代わりに配る日です。

一度大きな失敗をしました。

目覚ましをかけたのに、目が覚めたのは7時15分を過ぎていました。

いつも横に寝ている妻が、私が目ざましで起きない日には必ず起こしてくれます。

100%です。

にもかかわらずその日は私も妻も目が覚めませんでした。

私はあわてて配りました。

あるビルの一階のご婦人が私の足音を聞いてか、ドアを開けて、睨みつけました。

お詫びをしようとした瞬間その人はドアを閉めました。

ため息交じりに配り終わって帰宅し、原因を見付けようとしました。

ありました。

これしか考えられませんでした。

4時にセットして、スイッチはオフのままだったのです。

アナログの大音量目ざましです。

すさまじい音が出ます。

にもかかわらず目が覚めなかった。

これ以外には考えられませんでした。

朝刊を配ってみると感じることがあります。

配達時間が遅れたりすると販売店に連絡をするのは、ほとんどは高齢の婦人です。

早朝に新聞をポストから取ることだけが理由ではなく、早朝に新聞に目を通しているのだと思うのです。

ある日、新聞を配っている友人が言いました。

新聞配達をしている人間に感謝する人なんていませんよと。

この頃何となく彼の言葉が当たっているような気がしてきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする